京都市山科区にて瓦屋根雨漏り修理〈葺き替え〉

Works
施工事例

京都市山科区にて瓦屋根雨漏り修理〈葺き替え〉

2023年1月8日

京都市山科区にて瓦屋根の雨漏り修理をおこないました。

お客様が瓦の落下を見つけられ、今回お問合せをいただきました。
現状は燻し瓦葺きで、今までメンテナンスはされていないとの事です。 屋根全体に瓦の劣化がみられます。特に飾り棟部分には草まで生えてしまい雨がまわり、それにより葺き土が緩んで瓦が落下したと考えられます。
加えて、二次災害により下屋根の瓦が破損し雨漏りの原因となっておりました。今回はお客様のご希望で、屋根軽量化と屋根葺き替え工事をさせて頂く事となりました。

Before

 

 

After

続いて施工中の様子です。
まずは既存瓦の解体ですが、しっかり葺き土が入っており相当な重量です💦昔の職人さんはこれらを担いで荷揚げされてたので凄いですね。

瓦解体が終わり、下地の合板ですが屋根がむくり形状のため、馴染むように構造用合板5.5ミリを使用しました!
防水、湿気取りの改質アスファルトルーフィングを敷き、二次防水を施します。その上から引っ掛け桟葺きにて瓦葺きしていきます!

使用瓦は三州陶器防災瓦というもので、防水性能と耐寒性に優れており、山際など特有の凍割れに強い屋根材になります。

平瓦の留め付けはステンレス釘にて全数留め、軒先と箕子掛け瓦はステンレスビスにて留め付けいたしました。これにより、ずれ落ちや落下が解消しました。
棟部分は全て南蛮漆喰を使い、熨斗(のし)瓦のジョイントは防水テープにて水の侵入を防いでおります。そして互いに銅線にて緊結し劣化し難く、地震や風害に非常に強い施工です。

施工前も凄く立派で素敵な仕様でしたが、雨の流れとメンテナンス性を考えスッキリ、シンプルに仕上げさせて頂きました!大変工期を頂きましたが、屋根軽量と屋根葺き替えができ雨風や災害に強い屋根になりました。

施工中

現場詳細

現場住所:京都市山科区

築年数:70年以上

施工内容:屋根葺き替え

施工箇所:屋根全面

施工期間:1.5ヶ月

使用屋根材:三州陶器防災瓦

この度はRe.ルーフにご依頼いただき誠にありがとうございます。京都市の屋根リフォーム・雨漏り修理はRe.ルーフにお任せください!

▼その他の瓦屋根の施工実績も是非ご覧くださいませ

京都市下京区にて屋根葺き替え

京都市北区衣笠にて瓦屋根修理〈棟瓦漆喰補修・屋根葺き替え〉

京都市北区にて瓦屋根葺き替え工事

京都市右京区にて屋根軽量化〈瓦からガルバリウム鋼板に葺き替え〉

京都市右京区にて一文字軒瓦葺き

 

屋根工事の現地調査・お見積もりは無料!!

京都市右京区を拠点に亀岡市等の京都府全域に出張可能でございます。
お問合せ・ご相談、現地調査、お見積作成は無料でございます!
屋根に関することなら何でもお気軽にお問合せください。

Re.ルーフの屋根工事対応可能エリア

Area
対応可能エリア

京都市を中心に亀岡市、京都府全域対応可能です!