京都市北区にて雨漏り修理〈アスファルトシングルからガルバリウム鋼板カバー工法〉

Works
施工事例

京都市北区にて雨漏り修理〈アスファルトシングルからガルバリウム鋼板カバー工法〉

2022年9月22日

京都市北区にておこなった雨漏り修理の様子です。

今回は、他業者様が屋根養生後の雨漏りで調査依頼をいただき、雨漏り修理をいたしました。

Before

After

屋根に上がると、一部分のみ他業者様によりシートで養生してありました。

一見雨漏りの原因はここかと思われましたが、その部分は既存の屋根材が剥がれているだけでしたので内部の雨漏りには他の原因が考えられます。

その他、しっかり調査していくと屋根に凹みを見つけました。そこへ水が溜まり、雨水が内部へ侵入したようです。内部の雨漏り部とも場所が一致したため雨漏りの原因箇所と判明しました。

今回は下地まで腐食していたので、既存の屋根を残してその上から新しい屋根材を施工するカバー工法をご提案いたしました。

施工中

まず、既存の屋根に下地を流して留め付けていきます。

屋根が湾曲しており、釘では木下地の反発に負けてしまうのでビスにて留めていきます。全て躯体の母屋を狙って留めております!構造用合板も同様にビスにて留め現場の状況使う材料に合わせて施工いたしました。

屋根材のガルバリウム鋼板ですが、働きの短い材料で屋根の湾曲に馴染む為この屋根材を選定しました。屋根が湾曲している一番上の棟部分は勾配(屋根の傾斜)がなくなってくるので、傾斜がある所まで平板金を加工しスムーズに雨水が流れるようにしております。

ガルバリウム屋根とは、「ガルバリウム」という合金でメッキされた鋼板(鉄)でできた屋根のことです。軽量でサビに強く、高い耐久性を持つため、今回のように雨漏りによる屋根リフォームなどにも数多く採用されています。

ガルバリウム屋根を選ぶ際には、プロのアドバイスが必須になります。京都でガルバリウム屋根を用いた屋根リフォームをご検討の方は、ぜひ職人直営店のRe.ルーフにお任せください!

現場詳細

現場住所:京都市北区

築年数:27年

施工内容:雨漏り修理〈カバー工法〉

施工箇所:屋根全体

施工期間:4日

使用屋根材:ガルバリウム鋼板

 

屋根工事の現地調査・お見積もりは無料!!

京都市右京区を拠点に亀岡市等の京都府全域に出張可能でございます。
お問合せ・ご相談、現地調査、お見積作成は無料でございます!
屋根に関することなら何でもお気軽にお問合せください。

Re.ルーフの屋根工事対応可能エリア

Area
対応可能エリア

京都市を中心に亀岡市、京都府全域対応可能です!