京都市右京区にて屋根修理〈瓦屋根からガルバリウム鋼板カバー工法〉

Works
施工事例

京都市右京区にて屋根修理〈瓦屋根からガルバリウム鋼板カバー工法〉

2022年9月7日

京都市右京区にておこなった屋根修理の様子です。

前回の施工実績の施主様からのご紹介で、今回のご依頼をいただきました。

施工前は、Before写真の通り瓦屋根と金属屋根が部分的に施工されている状態でした。この瓦屋根部分の雨漏りにより、水分を含んだ重い葺き土の落下で二階の天井が部分破損するなどさまざまな被害が発生しておりました。

このような部分的な修繕は、根本的な屋根の修繕や雨漏り修理にはなりません。このように修理された当時は「最低限のコストでの補修」で施工されたようですが、しばらく経つと今回のような被害を招いてしまう確率を逆に高めてしまうのです。場合によっては既存の瓦を生かした施工もおすすめできますが、雨漏りを完全に治したい、まだ長く住む予定がある、という方には葺き替え工事やカバー工法をおすすめいたします。

 

Before

After

今回の施工では、瓦部分を「ガルバリウム立平」で施工しております。増築部の屋根勾配よりも新しく施工した立平部が高くなり以前より雨水がスムーズに流れるため、雨漏り対策も強化されました。

今回のようにガルバリウム鋼板のタテヒラ葺き施工は、瓦屋根やスレート屋根と比べると軽量で住宅への重量負担が少なく、耐震性が高くなるといったメリットもあります。

屋根の重量が増えれば増えるほど地震発生時に揺れが大きくなり倒壊のリスクが高まりますが、屋根が軽量であればこうしたリスクを軽減できるため安心できますよね。

Re.ルーフでは、ガルバリウム鋼板などの板金工事は勿論のこと瓦工事も自社で施工出来るため、部分的に既存瓦を活かしての施工も可能です。 ご要望の工事だけでなくプラスaの瓦屋根補修修繕メンテナンスも同時に対応させて頂きます。

 

施工中

 

現場詳細

現場住所:京都市右京区

築年数:40年

施工内容:雨漏り修理〈一部屋根工事 瓦屋根修理 カバー工法〉

施工箇所:屋根半面

施工期間:4日

使用屋根材:立平(ガルバリウム鋼板)

 

この度は、Re.ルーフにご依頼いただき誠にありがとうございました。

京都市の屋根工事、雨漏り修理はRe.ルーフにお任せください!

屋根工事の現地調査・お見積もりは無料!!

京都市右京区を拠点に亀岡市等の京都府全域に出張可能でございます。
お問合せ・ご相談、現地調査、お見積作成は無料でございます!
屋根に関することなら何でもお気軽にお問合せください。

Re.ルーフの屋根工事対応可能エリア

Area
対応可能エリア

京都市を中心に亀岡市、京都府全域対応可能です!